2016年10月25日

ベーコンエピ、成形の仕方☻

おはようございます。
みりんパンです(。・ω・。)


今日のパンはベーコンエピ
IMG_7374.JPG
使用酵母は微量イースト、
粉はリスドォル使用。粉量250gに対して0.5gのイーストを使用。

材料を混ぜて、生地が滑らかになるまで5分ほど捏ねました。

一次発酵は室温で5時間半でした。室温22℃。

一次発酵前後の生地。
IMG_7312.JPG

4分割して、俵型に丸めベンチタイム15分。
ベーコン増しまし、2枚巻き込んでいきます。味付けはいつも通りマスタード、マヨネーズ、黒コショウ。
余談ですがマヨはピュアセレクト派です( ・´ー・`)

伸ばした生地にベーコン2枚を少しずらしてのせ、上記の調味料を好みでトッピング。
マヨ、マスタードの水気や油分が生地についてしまうと閉じにくくなってしまいます。

自分なりに巻き込み方のコツを書いてみます。
IMG_7313.JPG
〇調味料は手前に乗せる。
〇手前側、真ん中の生地を持って調味料の奥くらいまで持っていく。閉じる部分の生地や指が調味料に触れないよう注意。
〇中央奥の生地を手前から折り返した生地の上から巻いて閉じる。
〇それを右側の生地、左側の生地と同様に繰り返す。
〇生地がすべて閉じれたらコロコロ転がして形を整える。
分かりにくいですが画像と合わせてみてください。
参考になれば幸いです(*ノωノ)
こんなボリューミーなエピを焼こうとする方はなかなか少ないかもしれませんが、度々親戚からこのエピのリクエストを頂くのでこんな感じで作っていますという紹介でした(●´ω`●)

二次発酵は発酵機能30℃で30分でした。

二次発酵前後の生地。
IMG_7314.JPG
二次発酵後の生地をはさみでカットします。
はさみはなるべく倒して生地がちぎれない程度ぎりぎりまで深くカットするとしっかり左右に開いてくれます。
以前この工程でオーブンシートを切ってしまったので今回は使い捨てのクッキングシートを使用(´・ω・)

カットが甘いとベーコンの弾力で生地がまっすぐ気味になります。
左右に倒していくときは生地をつかんでしまうと潰れてしまうので、生地を下から持ちげるようにして左右に倒すと潰れません。

230℃で予熱したオーブン15分焼成しました。

焼成前後。
IMG_7380.JPG

焼き上がり。
IMG_7382.JPG
エピはトースターなどで焼き戻して食べることが多いと思い、いつもより少しだけ焼き時間を少なくしてみたんだけどどうだろう?

見た目はうまくいったのですが、味見せずに全部お嫁に行ったので、ちょっと心配(´・ω・)
IMG_7375.JPG
何度も焼いてるから大丈夫…なはず(*'ω'*)


今日のみりんは
IMG_7402.JPG
大容量マスタードとみりんのツーショット。
マスタード消費率が激しいので大きいやつを買ってきました。(865g)
みりんと比較しようと思ったらみりんも案外でかいので比較対象としてはいまいちだった件(‥oั⌔oั‥ )


見に来てくださって、
ありがとうございますʕ•ᴥ•ʔ

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

自家製酵母パン作り ブログランキングへ
posted by mirinpan at 07:42 | Comment(0) | 微量イーストのパン |

2016年10月02日

シンプル角食☻

おはようございます。
みりんパンです╰(*´︶`*)╯



10月になったというのに気温が30度を超したり、気温の変化が激しいですね〜!
体調を壊さないよう、気をつけましょうヾ( ^ω^)ノ


今日はアレンジが効くようなパンを作っておきたいな〜と思い、シンプルな角食パンを焼きました♡

シンプル角食。
image.jpeg
使用酵母はレーズン酵母酵母元種と微量イースト併用。
角食を焼くだけの力が酵母に残ってない気がしたので、イースト頼りです(>人<;)

粉はキタノカオリ←new!
初のキタノカオリです〜!しばらく前に買っていたのですが、気分をあげたくて新しい粉をあけました٩( 'ω' )و

捏ねはニーダーで油脂以外を入れて18分、バターを入れて10分でした。
水温を調整して捏ね上げ温度を27°Cに止めることができました!いつもは30°Cとか平気で超えてしまったので…ヽ(;▽;)ノ
一次発酵は室温29°Cで4時間でした。

一次発酵前後の生地。
image.jpeg

今回は真四角の一斤型を使用。
生地量を調整し、角食に使用する分を2分割と余り生地少々をベンチタイム20分。

生地を伸ばして中心で生地が合わさるように三つ折りにし、くるくる巻いて成形。
image.jpeg
ショートニングを塗った型に入れて生地を上から少し押さえて型に馴染ませます。
二次発酵は室温で2時間でした。
角食は焼き上がりがボウズ、カクカクにならないよう生地の端が少し丸みを帯びるくらいが丁度良い。
この見極めが難しいのですよね〜。

二次発酵前後の生地。
image.jpeg
今回は微量イーストを使用しているので、窯伸びを予想し写真の具合まで二次発酵をとりました。
これは使ってる酵母の種類や状態、生地の締め方や粉の種類でも変わると思うので一概には言えません。

天板ごと200°Cに予熱したオーブンで15分、さらに190°Cに落として15分焼成。

焼き上がり。
image.jpeg
いい感じに焼けています〜!
今までカクカクが多かったのでこれはかなり上出来ヽ(;▽;)ノ

余り生地はこんな感じ。
image.jpeg
底割れしてしまってます(´;ω;`)

冷めるとシナッとなりした。
image.jpeg
ガス抜き不足の、角プクと言われる現象があちらこちらに見えます…。
image.jpeg
生地を傷めないようビビり過ぎてガス抜きが十分に出来ていなかったようです。
しっかりガス抜きしないとダメですね〜!

カットしてみるとフワンフワン♡いい香りがするよ〜!
image.jpeg

そのまま食べても美味しそうだけど、サンドイッチなら喜んで食べてくれる夫用に沼サンにしてみました(•͈⌔•͈⑅)
皿と紙の星がうるさい。笑
image.jpeg
口が小さい夫は具材を挟み過ぎると「こんなの、食べれない!」とクレームが入るので、控え目に。

クラムはキメも整っておりほわほわでいい感じだったのですが、耳が硬いですよ、とご指摘が。
…鋭い(๑ↀᆺↀ๑)確かにクラストが硬いし、焼き色も強めです。
次回は焼き時間と温度をもう少し調整したいと思います〜!

今日のみりんは
image.jpeg
ご褒美ちゅ〜るタイム(๑ↀᆺↀ๑)
めっちゃ不細工。笑
そんなに首を傾ける必要があるの?



見に来てくださって、
ありがとうございます(●´⌓`●)

スポンサーリンク

にほんブログ村 料理ブログへ
にほんブログ村

自家製酵母パン作り ブログランキングへ
posted by mirinpan at 09:00 | Comment(0) | 微量イーストのパン |